墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ザ・グレンリベット12年 赤玉ラベルの味
先日、多摩川酩酊倶楽部となった、旧横浜酩酊倶楽部のメンバーと横浜のバー「P」を再び訪れました。

今回の目的は店を貸し切って、あのグレンリベットの赤玉ラベルを抜栓しようという企画です。

マスターにボトルの状態を見て頂くと、「これは状態が良いですね、60年後半から70年後半のものです」というお言葉。案の定コルクはダメになっていましたが、マスターの超絶テクニックで抜栓してもらうと、部屋中にシェリーの濃厚な香りが…

味はいわゆるウイスキーのエステル系の味がほとんど無く、かすかなピートと濃厚なシェリーの風味が素晴らしいです。名前は同じでも現行品とは別次元というコメントが多いですが、まさしくそのとおりでした。



マスターのお話では、「やはり50〜60年代の蒸溜のボディの厚さと質の良いシェリー樽がふんだんに使えた時代だからです。」というお話でしたが、納得できる味でした。写真の真ん中はマスターに出して頂いた、ひと世代後のアザミラベルですが、方向性は一緒だけど、シェリーの濃度が違う感じでした。

この年代のボトルは他にも20年ものもあって、時折見かけると10万円オーバーの価格がついています。12年は半額+α位ですので、状態の良いボトルなら対価に見合う極楽浄土を体験できます。

右端のキングジョージ鶤も抜栓してみたのですが、こちらはまだ開くのに時間がかかるという事で、6ヶ月ほど休眠させます。最初は干し椎茸のような香り(マスター曰くオールドボトルにはよくあるそうで、シェリーが籠ってしまった状態とのことです)がしていましたが、1時間くらいでだんだん開いてきていました。DCLのブレンドについては、後日また記事を書きますね。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokusoudo.jugem.jp/trackback/357