墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鍼灸祭懇親会のモルト
明日の鍼灸祭にモルト同好会(非公認)が持ち込む予定のボトルの予習です。

同じ説明を繰り返すのが面倒なので、ぜひ予習してから味わってみて下さい。マイグラス持参も歓迎します(笑)
アイラ島のモルトやオールドボトルについて語りたい方も歓迎します!

「ボウモア ブラックロック」



免税店向けに1stフィルのスパニッシュオークシェリー樽で熟成させたボトル。
1stフィルとは、シェリーを取り出してすぐの樽(バットと呼ばれる)を用いて熟成されたモルトウイスキー、つまりファーストフィルバットものは、当然のことながらシェリーの影響を多く受けている。シェリーに使われた樽で熟成した場合は、濃い赤みがかった琥珀色や場合によっては黒といっていいような色がつく場合もあり、香りや味にも強い甘みが乗ることがある。
「ダーケスト」、限定生産で高騰している「デビルズカスク」もシェリー樽熟成ですが、それとも劣らない位のシェリー感です。ただノンエイジなので、ガツンとしたボウモア特有のピーティーな香りが奥にある濃厚なシェリーより先にきます。
これを長期保存したら、伝説のボトルになるような予感が・・・。

また、イギリスで行われた世界的な酒類コンペティション「第19回インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC:International Spirits Challenge)2014」において、ビーム サントリー社のウイスキーの18品の一つとして、金賞を受賞してます。



「シーグラムVO750ml」
カナディアンウイスキーは、大麦だけでなく、ライ麦やトウモロコシ、など数種類の穀物から作られたウイスキーをブレンドして作られ、軽い口当たりで飲みやすい。
カナダは、イギリス同様競馬がとても盛んで、シーグラム社もたくさんのサラブレットを保有し、カナダのクラシックレースを、20回制覇した偉業を称え、勝負服の色(その時の勝負服の色が黒と黄色)をデザインして、ボトルネックのリボンにした。
現在販売しているものにはリボンはないが、従価時代のシーグラムVOのボトルにはリボンがついている。また1983年の封印帯が付いていることから30年以上前のボトルである事が判る。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.bokusoudo.com/trackback/356