墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
カトース レアオールドスコティッシュハイランドウイスキー
今回はこれです。
  
 
 カトースは1861年からスコットランド北東部にあるアバディーンで、ジェームズ·カトーにより生産されていたとされるので、結構な古さです。

 日本では代理店の関係で見かけなくなりましたが、アメリカなどでは今でも買えるようです。現在のカトーのブレンドは18種類のモルトと3種類のグレーンウィスキーで構成されているようです。1990年にインバーハウス社が会社を買収したとき、彼らは、カトー家からレシピを与えられていなかったとされています。このボトルは特級表示で1989年以前のものですから、インバーハウス社の影響をうけていないオリジナルのカトーということになるかもしれません。

 ということでねばった割にはオリジナルのキーモルトはよくわかりませんでした。飲んでみれば良いのですけどね。
インバーハウスは1856年、ハイランド地方インヴァネスがその始まりで、現在はローランド地方のエアドリー村で、インバーハウス・ディスティラーズ社となっています。
 
 インバーハウス社はハイランド・モルトのノックデュー、スペインバーンなど4つの蒸溜所を所有しているため、現在も売られている製品はそのあたりから想像すればよいのではないでしょうか。

現在買える製品
コメント
from: フーテン   2013/04/19 6:47 PM
現在買えるボトルは瓶の形が、どことなぁ〜く女性っぽく見えますね!
オールドボトルは、やはりラベルからか、重みを感じます。
ウィスキーも奥が深いですね!勉強になります。
from: くさのね   2013/04/19 8:07 PM
ちょっと見ないあいだにすっかり洋酒blogになってますねぇ(゜▽゜*)

投稿記事とフーテン先生のコメントやりとりみただけでは何の商売の方のブログかわかりません(笑)
from: 墨荘堂主人   2013/04/19 9:56 PM
いやぁほんとですね。
興味がない方には申し訳なく思いますが、モルト普及活動家のつもりなので、昔安い国産ウイスキーを無理に飲まされて嫌いになった経験から、本物のスコッチやスコットランドの文化に少しでも興味を持ってもらえればと思い、upしてます。

科学がどれだけ進んでも、蒸溜一回で得られた多くの樽を全て上物に熟成する技術はないし、偶然や蒸溜所の職人さんの経験やカンによる所が大きいというのも、琴線に触れますねぇ。上物が飲めるのは本当に一期一会なんです。

現状のコメントは鍼灸業の方だけですけど、プロのバーテンダーさんとか同好の方のコメントがもらえたらうれしいですね。
コメントする