墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
漢方・鍼灸によるクローン病の治療 その10
なんと2年も更新していませんでしたが、漢方薬と鍼灸による治療は続いております。症状は体調が良い時は腹痛は無く、泥状の便が4〜5回で、体調が悪くなると腹痛し、水状の便が5〜6回もしくはそれ以上と言う感じです。

仕事は相変わらずハードで、帰宅は11時過ぎ、翌朝は通常(9時)出社という状況です。これだけですと気分も暗くなりますが、良い情報もあります。

まず、ここ1〜2年はペンタサやレミケード、エレンタール、抗生物質、下痢止めなどほとんど飲んでいません。つまり薬なしの状態ですが、手術をするわけでもなく腸はそのままです。ただ病院に行っていないため、CRPなどの数値はわかりません。

食事はうどん・そばが主体で、クローン病食の調理したものを食べている状況ですが、体重は52kgでむしろ初診時より増えています。
お腹や腰は以前の様な堅さは無く、柔らかい事が多いです。

腸閉塞や穿孔、瘻孔に対してどのくらいの期間や割合で手術が行われるのかは調べていませんが、この3年間ではレミケードを飲んでいるにもかかわらず、手術を繰り返して短腸症候群に陥って行くこともありません。

何よりも治療のために離職していく人もいる中、仕事を辞めずに続けて行けるということは、この病気の人にとっては大事な気がします。
コメント
コメントする