墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
暗闇坂の楷樹その2
暗闇坂の楷の木が紅葉しました。
楷の木の紅葉
風の強い日だったので、大分落ちてしまい閑谷学校ほど見事ではないのですが、ハゼ科の紅葉はきれいです。

楷の木は平成9年に日本国憲法施行50周年記念樹として、国会議事堂前庭に2本植樹されたりしているようです。

暗闇坂のこの土地は、特殊法人「国際協力銀行」の麻布分室が持っていて、「国際協力銀行」といえば以前FRIDAYにも書かれていましたが、最近では真っ先に仕分けで話題に上りそうなされそうな組織です。

なにせこの銀行は、貿易会社やエネルギー開発を支える輸出入金融にくわえ、開発途上国への円借款や無償資金協力など約8000億円ものODAをも牛耳っており、貸出残高約20兆円という巨大金融機関なのです。

この銀行は、99年に特殊法人改革の一環として日本輸出入銀行と海外経済協力基金が合併して出来たのですが、「麻布分室」は旧基金が保有していたものだそうです。そうなると漢学関係者ではなく、外務省経由で持ち込まれたという線も捨てきれませんね。

ただし、この木は湯島聖堂のものと同様に雌ではないようです。閑谷学校、麗澤大学には雌の木があるようです。
コメント
from: おいら   2010/11/14 10:54 AM
今年の紅葉は鮮やかなようですっす

うちの近くの川の桜は毎年暗赤色というか褐色のような紅葉を見せるのですが、今年は紅葉らしい鮮やかな黄色を呈していますっす

春には4月末までものすごく寒い日が続いてお野菜の値段が上がり、夏にはものすごく暑い日が続いてこれまたお野菜の値段が上がりまして、植物には過酷な年でしたから木々も悲鳴を上げていたと思いますっす

悲鳴の結果がこのステキな紅葉なのかもしれませんが、ちっとホッコリしていますっす
from: 墨荘堂主人   2010/11/22 5:14 PM
おいら様
コメント書いて頂いたのに全く気付きませんでした。すみません。

診療所のベランダにある楓も紅葉し始めましたが、夏のすごい日照のため、葉ヤケしてしまいました。たしかに悲鳴の結果、紅葉はきれいなようです。
コメントする