墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
故四世鍼師神戸源蔵の鍼管と鍼(銀製)
最新号の鍼灸ジャーナルの松田先生と松本岐子先生の対談の中で、松田先生が日本の鍼灸教育の問題点として、教師が生徒に「鍼は効くんだ」という劇的なシーンを与える事が下手になっている事です。と述べているところがあり、これは以前から指摘されているように深刻な問題だと思います。

今や実技や治効理論は言うに及ばず、古典的な内容はほぼ削られていく教育現場なので、さもありなんと思うのですが、道具に対する認識も同様です。

学生さん達もこの道具はこうして使うんだと言う正しい情報を持っていれば、現在の様な古典軽視で情熱の無い鍼師が生み出される状況はないのではと思います。

そういう意味では教員の情報量はとても大切です。

名人と言われた四世鍼師神戸源蔵が亡くなったのもほんの少し前にも関わらず、今の学生さん達(時には教員も)の、名人の作ったものを見たことがないのでは、と疑いたくなる様なネット上の記述を見かけます。

大方の臨床家の先生にとっては当たり前の事も玉石混合の世界ですから、気付いたときには不十分な情報がまかり通る事になります。ましてや権威ある人間が発信していればなおさらです。

という事で、故四世鍼師神戸源蔵の鍼管と鍼(銀製)の画像をupしておきます。
今はまずネットで情報を探す時代ですからね。
コメント
from: 訓和堂   2010/07/07 4:57 PM
針とその袋は工藤先生に貰ったものですか。私もとってあります。
from: 墨荘堂主人   2010/07/07 6:24 PM
訓和堂先生、いつもお世話になります。

鍼は自分で購入しに行った時のものと思います。鍼管は国家試験に合格したときか、仕事を始めたときに大貫先生に戴いたものだと思います。

神戸さんの鍼管に関してはおもしろい話を聞いたので、次の機会に書こうと思っています。
from: くさのね   2010/07/08 5:30 PM
製品ではなく、「作品」ですよね。
画像みただけで寝ちゃいそうです(笑)
from: たぬき   2010/07/08 10:22 PM
神戸さんは本当に職人肌の人でしたね。

怒られたことがありました・・・。
from: 墨荘堂主人   2010/07/09 12:25 AM
くさのね先生、たぬき先生、いつもお世話になります。

四世の鍼は使用感も抜群ですよね。
怒られた話、今度こっそり教えてください。
from: 九鍼狂学生   2011/01/31 12:24 AM
東鍼校の学生から情報を貰い神戸源蔵の鍼が良いと言われ調べてみましたが結構鍼の当りが良いようですね。
from: 墨荘堂主人   2011/01/31 12:38 AM
九鍼狂学生様、コメントありがとうございます。

よく良い鍼はツボに当てているだけで勝手に入って行くという表現がありますが、四世の鍼はまさにそんな感じです。

残念ながらもう四世の鍼を買う事は出来ないので、私はここぞと言う時には、青木さんの鍼を使っています。
from: 九鍼狂学生   2011/02/01 4:03 PM
青木さんの鍼と神戸さんの鍼を両方所持していますが当たりが両方とも良い鍼なのでとても柔らかいです。神戸さんの金鍼は1600円しました。
from: 墨荘堂主人   2011/02/01 8:40 PM
今、金は高いですから仕方ないですね。てい鍼ともなると大変です。

このご時世ですからディスポも使いますが、職人さんが作った鍼は患者さんも判るようです。最初は「ディスポで」と言っていた人達でもだんだん職人鍼キープになります。
コメントする