墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鍼灸で自己の治癒能力を増強しよう
 5/1発売の鍼灸ジャーナルに間先生と連名で不眠症の治療について書かせて頂きました。タイトルは「古典と自己対処法からアプローチする不眠症」で、内臓調整をベースにしたアプローチ法を私が、メンタル的なケアを間先生に書いて頂きました。
 伝統医学では感情のコントロールも臓器が担っており、西洋医学のような脳中心の考え方とは少し異なります。このような治療システムは特定の団体だけが出来る訳ではなくて、伝統医学の基礎をきちんと学んでいれば、誰でも行えます。

 西洋医学では手術しかないものや検査の数値に出ていなければ、症状があってもスルーされてしまうものが伝統医学で良くなるのは、この内臓調整のための理論があるからです。
 
 西洋医学は機能が似ている臓器は関連づけても、異なる臓器の相互作用や、体全体での弱い部分がどのような影響を与えるかなどは、あまり考慮していません。

治療法の選択は患者さんが行うものです。

 鍼灸が本来持っている病気への対応方法は総合病院の外来診療と比べても劣るものではありません。病院で薬を飲んでいなければ検査数値が良くならない、現状では治療する必要はない(もしくは治療法がない)と言われた方は、ぜひ鍼灸・漢方を選択肢の一つとして考えてみてください。
 
 以前に少し書いた後鼻漏を前述のような方法で、根治できるかどうかを試行錯誤していますので、近いうちに報告しようと思っております。
コメント
コメントする