墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
わが名は圓利鍼、ネット情報の憂鬱
 「儂は九鍼の第六鍼についている付喪神で眷属の中では雷鍼丸とよばれておるが、本名は圓利鍼という。最近の人間どもは何でも略すのが好きで、口も書くのが面倒くさくなり、員利鍼などと書きよる。名前だけならともかく、どう見たって仲間の円鍼に近いやつに儂の名前を付けおって、員利鍼は接触鍼などと言い出す始末。あきれてものが言えんとはまさにこの事じゃが、せめて円利鍼と書いてくれんかのう。」

最初から小説風の書き出しで何をトチ狂ったのかと思ったかもしれませんが、今回は圓利鍼のお話です。写真左の形状の圓利鍼と『霊枢』の記載のギャップには長年悩んでいたのですが、最近、雷鍼丸(笑)が現れて結論めいたものを教えてくれたので、皆さんにもお話しておこうと思います。

     
元々圓利鍼は『霊枢』の記述のごとく、「以て暴氣を取る」ことが目的の鍼で、葦原検校も『鍼道発秘』の自序の中で、「腰へ立つる鍼、手足へ響く其の形、稲妻の如く花火の如し。又久しく留めて進退する時は其の気の往来する事、炮玉の発するが如し。其の響き惣身へ通ず。」と述べているように鍼を刺入しなければ、発現しないような記述しかありません。

写真左の形状の圓利鍼はそもそも『古今医統大全』の九鍼図を元に、岡部素道と井上恵理が圓鍼として医道の日本社で作らせたものらしいです。そこで『古今医統大全』の図をよーくみてもらうとどうですか?

(↑クリックで大きくなります)

この図は他の鍼を見てもらえばわかるとおり、明らかに下が鍼先になるよう描かれています。ということは、どうも岡部・井上両先生はわざとか、知らなかったか今になってはわかりませんが、天地逆に考えていた事になります。

そうなると古典に記載された効果を出すための鍼の形状は、葦原検校が述べているように写真右の形状の圓利鍼という事になります。

九鍼研究会ではT先生に写真右の形状の鍼を作って頂き、臨床に使っていますが、これが実におもしろいんです。詳しくは『鍼灸ジャーナル』7号・8号のトークセッションをお読みください。

もちろん写真左の形状もありだと思いますが、これは岡部・井上両先生が最初に意図したように圓鍼であると思います。いったいいつから員利鍼に変わってしまったのでしょうか?

「なんじゃせっかく教えてやったのに結論は出んのか。もそっとまともなやつの夢枕に立たんと駄目なようじゃ。難儀なことじゃのう。」
コメント
from: おいら   2009/10/23 10:16 AM
「付喪神(つくもがみ:年月を経た物や動物がいつの間にか魂をやどして神霊となること)」という言葉は久しぶりに見ましたが、和方鍼灸を標榜する墨荘堂店主さんらしいなあと思いました

古代中国伝来の鍼が日本に来て日本特有の霊性を帯びて神となったわけですねえ

鍼灸だけでなく東洋医学も日本に入ってきてから日本独自の目を見張る発達をしましたが、海外から日本に入ってきてより進化したものは、トランジスタや自動車など工業や科学だけでなく、仏教や儒教、主義や思想にいたるまでどんどん日本で洗練されてもっと良いものになったですよ

日本というのはそういう特徴を備えた国ですね

シルクロードの到着点で、あらゆるものが入ってきて、それが自由に融合、熟成して更に良いものになって世界に還元されていくすごい国です

まあ雷神丸殿が嘆いていらっしゃるところの円利鍼についての誤解のようなことも数多くあるのですが、日本では世々を経て、ちゃんと墨荘堂店主さんのような方があらわれて雷神丸殿の心底を覚って世に出してくれますよ

東北で座敷童子の宿が焼けましたが、座敷童子のような小さなそれこそ付喪神のようなものの力でさえ、そこに泊まった後に大成するのですから、雷神丸殿の秘めたる力も押して知るべしです

というか、座敷童子より実際に役に立ってきた歴史が違いますよね

雷神丸殿へ
これを読んでいらっしゃったら、これからよしなにお願い申し上げますっす
from: 雷鍼丸   2009/10/23 11:01 AM
おいら殿
おぬし若いのに、なかなかえすぷりの効いたコメント、ただ者ではないとみた。そこで一つお願いじゃ。
儂の名前は雷鍼丸と申す。二十八部衆の雷神殿と良く間違われるのじゃが鍼に付いている付喪神ゆえ、雷鍼丸と名乗っておる。

いやいや怒っている訳ではないが、最近浅学な連中のせいで名前には敏感になってしまってのう。こちらこそ、よしなにお願い申す。
from: おいら   2009/10/23 12:48 PM
ああミスタイプしてしまいました

申し訳ありません雷震丸、、、じゃなかった雷鍼丸殿
コメントする