墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新型インフルエンザと鍼灸治療
 新型インフルエンザが流行期に入ろうとしています。

おそらく健康な人にはワクチンは回ってこないだろうし、タミフルやリレンザが効くから、体力のある人たちは薬を処方されて、おしまいという事になりそうです。

だだ全国で数万人も発症すれば病院の外来の混雑は想像がつくし、そもそもタミフルやリレンザを信用せずに飲みたくないという方も多いと思います。そういう方達のために情報として鍼灸治療は有効だと発信しておきたいと思います。

風邪にかかって鍼灸院に行かれる方は少ないと思いますが、昔から急性の感染症であっても治療の対象にして来たので、治療方法が無いという事ではありません。

鍼灸治療ではその人自身の免疫力を強化または補助して、早期に感染症を収束させる事を目的に行います。ワクチンと違って特に新型に対応するツボがあるわけではありませんが、具体的には高熱時の井穴刺絡や症状に応じて、大椎、風池、風門、曲池、八邪、八風などを使ったり、『難経』に書かれている解熱促進のツボ群を使ったりすることで対応します。

ただし、急性症は変化が早いので、毎日でも治療をやらせてもらいたいです。患者さんにも時間、費用等のリスクは理解して頂きたいですが、西洋医学の病院で提供出来る事位は鍼灸治療でも十分に可能です。

最近読んだ石坂流鍼術のことが書かれた本で表現こそ違いますが、「鍼灸で病気を治すな、体を治せ」という事が書かれていました。久しぶりに感銘を受けました。

これこそ鍼灸の醍醐味です。病名なんて関係ありません。
コメント
from: たぬき   2009/09/02 10:17 PM
漢方薬の大青竜湯も常備しておくといいですよ。

ただ、1日3回でなく、発熱したら服用するので回数は多くなりますが・・。
from: あかねこ。   2009/09/03 11:25 AM
「鍼灸で病気を治すな、体を治せ」
深いです!この本を読んでみたいです!
今度書籍名など教えてください。
from: 墨荘堂主人   2009/09/03 3:43 PM
たぬき様
いつもお世話になります。大防風湯などはどうでしょう?

あかねこ。様
メールします!
from: 訓和堂   2009/09/10 3:05 PM
いつもコメント有り難う。私もこれを参考にして、今が旬のインフルエンザについて書いてみます。
from: 墨荘堂主人   2009/09/10 6:03 PM
訓和堂先生
いえいえこちらこそどうもです。
最近関西の大御所先生もインフルエンザの考え方を解説されていることに気がつきました。やはりプロとして正しい情報は発信しないとだめですね。どうもネットの鍼灸のサイトは対処法(治療法ではない)やインフルエンザそのものの情報が多すぎる気がします。お互い鍼灸で助けられる人を増やしましょう!
コメントする