墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
漢字文化圏の医療と自国化

5月19日(金)に開催される第62回国際東方学者会議のシンポジウムについて、ご案内致します。
平日、しかも朝から夜までになりますが、「漢字文化圏の医療と自国化」というシンポジウムが、以下のとおり行なわれる予定です。詳細につきましては、下記の趣旨をご確認ください。会員ではなくとも参加できますが懇親会の関係上、事前申し込みが推奨されています。

総合司会は京都大学の武田時昌先生、6月の刺絡学会で教育講演をされる真柳誠先生、日本鍼灸の演題は長野仁先生、他にコメンテーターとして猪飼祥夫先生、小曽戸洋先生も登壇されます。

このような比較文化論が医学史にスポットを当てて行われることは、非常に画期的です。このようなグローバルな視点をなしに日本伝統医学を規定しようとしても無理だという企画者の熱いメッセージをライブで聴いてみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東方學會第62回ICES「漢字文化圏の醫療と自國化」
日 時:2017年5月19日(金) 
会 場:日本教育会館(8階 地下鉄神保町駅A1出口徒歩3分)
參加費4000円(懇親会費込み、学生2000円)

<趣旨>
 漢字文化圏の中國・日本・韓國・北朝鮮・ベトナムでは、中國式の生藥や鍼灸による傳統醫療・醫學が現在も存續し、歐米の一部でも代替醫療として採用されている。漢字文化圏の傳統的自然科學としては例外といっていいだろう。しかし各國とも中國の古典籍を主な論據とするため、そうした醫學的側面だけに注目し、中國以外は亞流とみなされることもある。
 他方、各國の料理には中國起源の味噌・醤油・豆腐・麵・箸が共通するものの、われわれは別個の料理として賞味している。各國料理には共通食材もあるが、風土・?史・文化など人文地理的要因に根ざす味覺・美感などの相違が嚴然と存在するからである。
 そこで醫療の側面に注目すると、各國それぞれの臨床經驗にもとづき自國化をなしとげてきた?史がみえてくる。ゆえに現代まで存續してきた、ともいえよう。當然その背景にある人文地理的要因や、體質・疾病相などとの關係も考察の對象となる。箇箇の醫學的要素のみならず、醫療としていかに自國化がなされたのかを漢字文化圏で比較するならば、かつて未知の現象が視野に入ってくるかもしれない。
 本パネルでは如上の預想ないし期待にもとづき、日本・朝鮮・ベトナムにおける醫療や醫學の自國化について、最近の研究成果を發表いただく。また各發表に各一名のコメンテイターを配し、議論の幅をひろげるとともに、今後の發展につなげたい。


<プログラム>
總合司會:武田 時昌(京都大學)
10:30−11:10 Introductory Remarks 武田 時昌(京都大學)/真柳 誠(茨城大學)
11:10−11:50 日本近世?泉醫學の展開と湯治の變容 鈴木 則子(奈良女子大學)
11:50−12:00 コメント 鈴木 達彦(帝京平成大學)
12:00−13:00 Lunch Time
13:00−13:40 明代醫書の斷章取義がもたらした日本鍼灸の變容 長野 仁(森ノ宮醫療大學)
13:40−13:50 コメント 猪飼 祥夫(龍谷大學)
13:50−14:50 ?藥から東醫へ−前近代韓國醫學史における固有の醫療傳統からみた自己認識の發展− 申 東源(全北大學校) 通訳 任 正爀(朝鮮大學校)
14:50−15:00 コメント 任 正爀(朝鮮大學校)
15:00−15:20 Coffee Break
15:20−15:50 ベトナム醫學の傳統と特徴 真柳 誠(茨城大學)
15:50−16:00 コメント 小曽戸 洋(東京藥科大學)
16:00−17:00 總合討論

大会詳細:http://www.tohogakkai.com/ICES-program.html

WFAS Tokyo/Tsukubaに向けて

いよいよ開会まで1か月を切りましたが、まだ抄録は届かないし大丈夫なんでしょうか?その後の情報で抄録は、学会当日に会場での配布を予定して製作進行されているため、事前には届かないようですね。

10月頭の状況は参加者1400名を超えているということで、当初の予定の倍の参加になっているようです。

HPも混乱しているようで、当初ランチョンセミナーは一つの予定だったと聞きましたが一つ増えています。公式にはアナウンスがまだないようですが、混乱が予想されるためか、当日受付も送られてくるであろうバーコードで機械で受付になりそうです。

つまり対面受付はありません。

伝統鍼灸学会でも当日入会して割引で、当日参加という裏技はできなくなりましたので、ご注意ください。

公式ページの情報もちょくちょく変更されているようですので、まめにチェックしてみてください。

後期申込みはまだ間に合います(〜10/20まで)会員料金(JSAM/JTAMS)ならまだ40,000円で大丈夫です(笑)

学生さんは10,000円(〜10/20まで)です。

まあいつになく日本人が盛り上がっているのは間違いなさそうです。

WFAS Tokyo/Tsukuba 2016、学生さんは得だ

お知らせした通り、WFAS東京大会参加の早期申込みが延長されましたが、締め切りが8/4と近づいております。

でも学生さんは、最初から10/20まで1万円で登録できるからお得ですよ。

 

大会の終了後に東京で行われるポストカンファレンスを申し込んでも8/4までなら3万円ということですね。ポストカンファレンスは日本人でも参加できます。

 

大御所の先生はもちろんですが、自分の学校では教わる機会がない、船水先生、光澤先生、手塚先生、鈴木先生などの実技があるのも伝統鍼灸学会のセミナー以外ではここだけです。

 

日本も全日本鍼灸学会と伝統鍼灸学会の全てが見れる機会はあまりないですし、それにプラスして世界の鍼灸も間近に体験できます。これを通常の学会参加費と比較して高いと言っても意味ないのではないでしょうか?学生さんは相当優待されてますよ、ホント。

参加だけでしたらまだ10月まであるので、じっくり考えてみることをお勧めします。

WFAS Tokyo/Tukuba 2016 申込情報

WFAS東京大会参加の早期申込みですが、やはり延長されましたね。8/4までは3万円で登録できます。

 

でも締め切り近くで駆け込みがあったようで、現在は既に1000名を超えているようです。

演題の方もほぼ定数に達しているようなので、主催者はとりあえず一息というところでしょう。

 

大会の終了後に東京で行われるポストカンファレンスは有料ですが、日本人でも参加できます。現在は日本人、外国人半々でまだ空きはあるようです。

 

内容は公式ページにもupされていますが、形井先生、戸ヶ崎先生、森川先生の大御所の他にプロモーションビデオに出演(?)していた船水先生をはじめ、光澤先生、手塚先生、鈴木先生などがサポートされるようです。

 

何だかんだいって、やはり日本も総動員体制になってます。高いお金を出して世界に行かなくてもある程度は世界の鍼灸の実情は知ることができますし、参加しても損はないのではないでしょうか?

 

そうそう、3万円の中には昼食代、コーヒーブレイクのお金も含まれていますよ。

 

 

WFAS Tokyo/Tsukuba 2016に参加するべきか?
世界鍼灸連合会学術大会(WFAS Tokyo/Tsukuba 2016)が23年ぶりに11月5日(土)〜6日(日)の日程で、日本のつくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2丁目20番3号)で開催されるのは皆さんもご存知だろう。
主催は全日本鍼灸学会、日本伝統鍼灸学会である。例え早期申込みで割引になっても3万円(学生さんはもう少し安いが)では高すぎて行く気にならない、というのが正直な意見ではないだろうか?

この気持ちはよく分かる。このような意見が真っ先に出るのも、対価に見合うプログラムについてあまり公表されていないからではないのだろうか。

現在判明しているWFAS実技セッションは 
ランチョンセッション 11月5日(土)12:50〜13:50、大会議室 首藤傳明先生による実技披露。(luncheon special technical seminar)
 実技セッション(technical session) 11月5、6日の2日間。
演者は日本の代表的な団体の代表で伝統鍼灸学会の先生では小林詔司、村田渓子、藤本蓮風、小野博子、中田光享、石原克己、井上悦子の各氏。

 また海外で活躍する先生の実技セッションは、1.土屋光治(ポルトガル、ポルトガル低周波鍼治療学会)2.水谷潤治(カナダ、NAJOM編集長)3.八巻晴夫(ニカラグア、東洋医学大学)4.小渡良博(ブラジル)5.高田忠典(カンボジア)6.畑美奈栄(ネパール)(予定)である。

 これだけのメンバーが揃うことはあまりないし、これだけでも通常の伝統鍼灸学会よりもお得感はある。

 さらに日本鍼灸を接触重視のソフトな鍼と定義することに賛同しない人たちが、新たな日本鍼灸像を一般演題として出してくる可能性も聞いているし、外圧によって全日本鍼灸学会や日本伝統鍼灸学会に変わらざるを得なくなる事態が来るかもしれない。

 不幸なことに洗脳によって自分たちの心持ちが江戸時代から脈々と続いていると信じている者たちは、使っている資料の不完全さと共に、歴史的事実に向き合う必要に迫られるだろう。
 
 いずれにせよ抄録集が出てこないと詳しい話はできないが、この時点でもすでに楽しくなりそうな予感はある。現時点ではこのような情報で3万円の価値を判断してもらうしかないが、あなたはどうされるであろうか?
九鍼研究会 27年度受講生募集のお知らせ
九鍼研究会の27年度の募集が始まりました。



詳しくは公式HPでご確認下さい。連休の日にちのため、第1回目は4/26になります。

今年から過去に基礎課を受講された方は、会員になりますと単発で参加出来るようにもなりました。他にも各種の特典を用意しておりますので、ぜひ登録をご検討下さい。
 

【会場】 日本医学柔整鍼灸専門学校 (JR山手線・西武新宿線「高田馬場駅」5分、東京メトロ東西線「高田馬場駅7番出口」1分)


【講習費】 ①/75000円(一般)・70000円(会員) ②/25000円(一般)・20000円(会員)


【年会費】 10000円(当研究会の正会員となります。特典:受講料・出版物などの割引・会報の配布など)


【講師】 石原克己・加藤且実・小池俊治・関信之・中倉健・間純一郎・福島哲也・山下伸一郎・山本涼

年間スケジュールも出ておりますが、研究課の情報を少しだけ。
今年度は外部講師の特別講演は1件だけ予定しております。他は九鍼研究会の講師の治療法を開陳して欲しいという要望がありましたので、その方向で構成を進めております。

特別講演は人前に出るのを嫌がっていた、市井の名人、齋藤友良先生をお呼びする事になりました。
テーマは「打鍼と按腹」(仮題)という事で、事前に有志を集めてデモをして頂きましたが、その技に目から鱗が堕ちる事はまちがいありません。私的には一押しです。齋藤先生には8/2の研究課でご講演いただく予定です。ご期待下さい。

興味がある方は『医道の日本』2011年12月号の関節リウマチと鍼灸治療の特集号に、「関節リウマチなどに対する打鍼を中心とした鍼灸治療」というタイトルで論文を書かれています。タイトルこそ関節リウマチですが、本質がそこにはない事は読めば分ります(笑)
『医道の日本』もこれをよく載せたなと思っていたら、編集者のたってのお願いで論文を書かれたそうです。

実は重大ニュースも入ってきたのですが、それはまた次回の更新で。

九鍼フォーラム2014のテーマと企画意図
そろそろ各所で九鍼フォーラム2014の広告を目にすることも増えて来たと思われますので、広告には書かれていない企画意図などをご説明しようと思っております。

とにかく能書きよりも実技ということで、早々と方向性は決まりました。

 永年学術大会の運営をやっておりますと、メインの企画であるシンポジウムなどには不満も多いものです。せっかく興味深いメンバーが揃っても、シンポジウムは担当の先生の考え方の説明から始まるので、肝心の議論はほんの少しだったり、会場からの質問も1〜2人程度。またその質問がじぶんの業績の自慢話で、本題とは関係なかったりと、これでは業界の課題が解決するはずなどありません。

 まぁ絵に描いた餅にならないようにしようということで、今回の企画は1日目、2日目は連動するようにしました。1日目の実技供覧(1)〜(4)の先生は、臨床経験の浅い先生からベテランまで登壇して頂いて、診断と治療結果を皆さんに考えて頂こうと思っております。
 また翌日のシンポジストの先生からも実技供覧の先生に質問してもらって、シンポジウム『四診(望・聞・問・切)』で議論して頂き、最後のワークショップ(1)〜(3)で確認してもらおうという流れです。

 普通の学会では、いきなりカリスマ性のある超有名な先生の実技しか見られないので、なぜそうなるのかをゆっくり考える時間もありません。つまり今の学校教育ではカリキュラム上絶対に時間をかけられない部分を俎上に挙げようと言う目論見です。

 さらに一般的な鍼灸の研究会は、その会独自のシステムがあり、そこに疑問を挟むという行為はその会を比定することにもなりかねないので、主催者はなかなかそういう企画をやりたがりません。幸いなことに九鍼研究会では会で推奨する治療のソフトはありません(もちろん道具=ハードの推奨はあります)ので、診断システムの議論はいつでも出来るというメリットもあるわけです。

 この企画に沿って、こんなこともやってみたらというご意見等ありましたら、まだ時間も少しあるので、お知らせ下さい。
以上の説明で担当者達のやりたいことが、見えて来たでしょうか?興味をもたれたらぜひご参加いただき、四診〜診断の議論を深めてみませんか?皆様の参加をお待ちしております。

詳細は九鍼臨床フォーラム特設ホームページにて概要をご確認ください。
『九鍼臨床フォーラム』で検索、またはhttp://kyushin.ryuhai.com
第41回日本伝統鍼灸学会京都大会
昨年の末に速報で流しましたが、ポスターが出来上がりましたのでお知らせします。



申し込みはもう少し先ですし、もしかすると抄録集まで学会誌が出ないかもしれませんので、情報だけお知らせです。

小生も長野先生の教育講演の座長をすることになりました。詳しいことは書けませんが、この講演は論議を起こしそうです。臨床大好きな人は最高に面白い内容ですが、従来の型を遵守したい人には爆弾かもしれません(笑)

また今回は学生セミナーは正会員では聴講できなくなりました。武田先生、形井先生、宮川先生、石原先生なども講義されるのですが、聞けるのは学生さんだけです。

あまり事務局を質問攻めにして困らせないよう、切にお願い致します(笑)


九鍼研究会 平成25年度受講生募集のお知らせ
九鍼研究会の次年度の募集要項が更新されました。

① 基礎課 九鍼実技コース
第1日曜日 午前10 時〜午後5時 
5/5・6/2・7/7・8/4・9/1・10/6、(全6回)


鑱鍼・圓鍼・鍉鍼・鋒鍼・圓利鍼・毫鍼・長鍼・巨鍼・大鍼・火鍼・打鍼・挫刺鍼・各種灸法などの技術を習得します。

② 研究課 臨床応用コース
第1日曜日 午前10 時〜午後5 時
 11/3・12/1・2/2・3/2、(全4回)

基礎課で学んだ各種の鍼具灸具を臨床に応用するためのアドバンスコースです。

③ 九鍼フォーラム(一泊研修会)
平成26 年3 月末頃予定


会場:関東鍼灸専門学校(JR 総武線・京成千葉線「幕張駅」・JR 京葉線「海浜幕張駅」)

受講費:① 60000 円(一般)・54000 円(会員) ② 40000 円(一般)・36000 円(会員)
年会費:10000円(特典:受講料・出版物の割引・会報の配布など)

会誌創刊号は4月以降、第2号は8月以降発行予定
創刊号は1月に行われた九鍼フォーラム2013(一泊研修会)の内容を掲載予定

詳細は九鍼研究会HP
平成25年度の学会・講習会情報
来年度の学会講習会情報です。詳細未定の所もありますので、詳しくは各団体の公式HPでご確認下さい。来年早々位に判明することが多いです。

日本伝統鍼灸学会

第41回 日本伝統鍼灸学会学術大会 (京都大会)
日本伝統鍼灸の確立に向けて 「日本伝統鍼灸における経絡の意義」
日 時:平成25年9月28(土)、29日(日)
会 場:京都エミナース (洛西ニュータウン内) 
    京都市西京区大原野東境谷町2-4
特別講演: 鍼灸臨床に不可欠な経絡の意義に関する研究(仮題)
        関 隆志 (東北大学大学院医学系研究科先進漢方治療医学)  
シンポジウム: 日本伝統鍼灸における経絡の臨床的意義
 その他、教育講演、実技公開、学生セミナーなど
会   頭: 篠原昭二(明治国際医療大学教授)
実行委員長: 和辻 直(明治国際医療大学)
事務局: 明治国際医療大学 伝統鍼灸学教室(事務局長:斉藤宗則)

日本刺絡学会

第22回学術大会/東京
平成25年(2013年)10月14日(祝)
内経刺絡の真髄-理論と実技-(仮題)
会頭 金古英毅
実行委員長 工藤哲也

平成25年度(2013年)刺絡鍼法基礎講習会(東京・大阪)
6月〜9月(東京/第一日曜・大阪/第二日曜)詳細未定

http://ja-jp.facebook.com/pages/日本刺絡学会/178672812272677
http://shirakugakkai.com

東京九鍼研究会

平成25年度 東京九鍼研究会「実践鍼灸講座」 
ヾ霑嘆檗ゞ繽実技コース 
開催日時/第1日曜日、10:00〜17:00 (5/5・6/2・7/7・8/4・9/1・10/6、全6回)参加費用/60000円(一般)・54000円(会員)

研究課 臨床応用コース
開催日時/第1日曜日、10:00〜17:00 (11/3・12/1・2/2・3/2、全4回)参加費用/40000円(一般)・36000円(会員)

6繽フォーラム(一泊研修会)
平成26年3月末頃予定
【年会費】10000円 
【会場】関東鍼灸専門学校
【お問い合わせ・お申込み】事務局(中倉)E-mail:tokyo9shin@yahoo.co.jp

来年の第一回九鍼フォーラム(一泊研修会)まだ若干名可能のようです。12/21頃まで
研修会事務局/龍背堂鍼灸院 ryuhaido@gmail.com