墨荘堂ブログ

西洋医学全般のセカンドオピニオンとして立脚する「和方鍼灸」を追求する関墨荘堂鍼灸治療院のブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
和法鍼灸 関 墨荘堂
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鍼灸における腹診と打鍼の意義

 腹診は日本漢方、日本鍼灸を世界に展開したいならば、その診断の中核になる方法であり、日本独自と言っても間違いではない。中国が腹診のキーワードで情報を出すようになるのは、研究されている通り、多紀元堅の『診病奇侅』が輸出・翻訳され、1916年に兪根初の『通俗傷寒論』が出て以降のことである。

 

 では腹診と鍼灸の関係はどうなのだろうか?もちろん機運としては盛り上がってはいたが、オリエント出版社の『日本漢方腹診叢書』正・続が出版されたことが大きい。何故ならば写本の研究なしに腹診の研究は進まないからである。その辺りの事情を理解していないとこういう叢書は企画しにくい。で、この叢書の仕掛け人はというと谷田氏である。

 

 もう一つこの叢書で導入されたのが、腹診の分類である。腹診における「難経系」「傷寒論系」「折衷系」という分類は1960年当時腹診研究の大家であった大塚敬節先生によるものである。ただこの分類は叢書の名前が示す通り、薬(=医師)の視点から見たものであり、鍼灸系の知識不足が目立つ。これではまずいということで反応されたのが篠原孝市先生で、先生の分類である「鍼灸系」「古方系」「非古方系」の方が現実的である。先生は同論考(医道の日本 849号)の中で鍼灸と腹診について一刀両断にしている(笑)

 

 例えば「経絡治療では早い時期から、江戸期の鍼灸書や古方派の腹診書に基づく臨床応用が試みられたが、経絡診断という診察の目標が過去の腹診の応用を困難にした。江戸期の鍼灸や湯液の古典の中で経絡診断につながる腹診など皆無だったからである。」といった具合なのであり、岡部素道先生も自著『鍼灸経絡治療』に「腹診によって治療のための経絡・経穴を分配することはできない。」と述べている。

 

 もうお分かりだろうか。そもそも日本独自であるが故に、中医学理論に翻訳出来ないのが腹診であり、それを元に施術をおこなうのが打鍼である。経絡・経穴という当たり前の中国理論を捨てなければ、日本鍼灸の本質は理解できない。

 

 結局、前述の篠原先生の論考では「鍼灸系」の内の中世から近世初期の無分流、意斎流、多賀法印流の腹診と「非古方系」腹診の大元の実践理論は示されずに終わったが、それこそが我々が共同研究している無分翁の奥義、無分の真伝に他ならないのである。

2017年度版 鍼灸祭懇親会のモルト

今年もやってきました。21日の鍼灸祭にモルト同好会(非公認)が持ち込む予定のボトルの予習の時間です。

今年はいつもお願いしている明治屋さんが終了してしまうそうなので、日本酒、ワイン、焼酎はどこまでグレードをキープできるでしょうか?我々モルト同好会(非公認)の茶色い酒は健在です。

今年は近年オークションなどでの価格がとんでもないことになりつつある、日本産のウイスキーの在庫を放出致します。

 

 

 

 

 

 

まずは「駒ヶ岳 Sherry & American White Oak 2011 Wine Cask Finish」は、マルス信州蒸溜所で蒸溜され、シェリーオークとアメリカンホワイトオークで熟成させたモルト原酒を、マルス山梨ワイナリーで使用した赤ワイン樽に1年以上追加熟成(フィニッシュ)したシングルモルトウイスキー。生産終了品です。

 

もう一つはニッカウイスキー宮城峡蒸留所で限定販売されているシングルモルト。元々は12年として販売されていたものが、終売を経てノンエイジ仕様(おそらく8-10年熟成という印象)で復活したものです。

シェリー樽熟成原酒の個性を主体としたシェリー&スウィートというコンセプトボトルで、いつ終売になってもおかしくないボトルです。

 

今年も太っ腹でしょ(笑)

日本の身体

自ら能楽と合気道を実践する思想家の内田樹が、各界の所作の達人達と語り合った対談集。

 

茶道家、能楽師、文楽の人形遣い、合気道家、治療家、尺八奏者、マタギ等 職種は様々でも近代までの日本人は同じ身体運用法を持っていたことがわかる一冊。

 

今の伝統的な鍼灸には伝統などないのは確かだが、伝統である以上昔の治療を再現しようと思えば、このような身体操作は要求されることになる。治療のための理論より、結果を導きだための身体をまず作れということになるが、このような教育方針の専門学校は聞いたことがない。

 

『バガボンド』の作者、井上雄彦との対話の中で「ずいぶん武道の伝書は読みましたけど、『バガボンド』はそれに列するレベルだと思う。武道を志す人には、全部ここに描いてあるから、黙ってこれを読め。」という件が興味深い。

 

ともかく自分の求めているものがわからなくなっている人には、価格もリーズナブルであるし、一読をお勧めする。